忍者ブログ

起承転結でまとめ

時として、三行でまとめます

毒親ではないが放置されて育った

行き掛けの駄賃より
病気が両親から弟を奪い、私から両親を奪った
http://kopipe2011.blog116.fc2.com/blog-entry-8324.html

キスログより
弟が難病で2歳になる前に亡くなって以来両親は私を放置して講演会や支援団体に没頭。
http://kisslog2.com/archives/39441946.html



[起承転結でまとめ]
[起] 私は8歳離れた弟がいたのだが、生まれつきの難病で、ずっと病院で暮らしたまま、2歳になる前に死んでしまった。私も悲しかったが、毎日見舞いをしてた両親は勿論もっとショックで、抜け殻のようになってしまった。
[承] 私はせっせと家事を手伝っていたのだが(なにせ二人ともほとんど病院にいる)、弟の死後も一層、抜け殻の両親を支えるため家事を担うようになった。
某国営テレビが、難病で死んだ弟と家族についてということで取材に来た。それから両親はいくつか講演に呼ばれた。その難病の支援者団体にも参加するようになった。両親とは顔を合わせない日が続いた。
[転] 30を過ぎて、何故か突然父親から手紙が来た。私が結婚して子供が生まれたことを知っているようだった。許してほしい、会いたい、というような内容だった。「会っても何を話していいかわからないので、お互いのためによしましょう」と返事したら、もう連絡は来なくなった。
[結] 弟が生まれるまでの両親との楽しい思い出もあり、胸が痛んだが、両親もあの病気が奪った
のだと思ってもう諦めている。

拍手[0回]

PR